m3.com トップ>医療維新>レポート>「病院外来の40:1人員配置は根拠不明」、医療提供体制を議論

「病院外来の40:1人員配置は根拠不明」、医療提供体制を議論

社保審・医療部会、「病床数・機器数データの意味・結果の議論を」

2010年12月3日 村山みのり(m3.com編集部)


12月2日、厚生労働省の社会保障審議会・医療部会は医療提供体制のあり方について議論を行った。事務局(厚労省)は、日本における医療施設・病床整備の経緯、医療施設数の動向、医療従事者・医療機器の状況などについて資料を提出。医療施設体系に関する論点として、以下3点を提示した。・人口・世帯構造や疾病構造の変化等を受けて、病院、診療所、薬局等には、患者のニーズ(急性期治療、リハビリ、長期療養、在宅医療など)に応じた医療機能の観点から、どのような役割が期待されるか。・一般病床、療養病床の病床区分や介護保険の... 続きを読む

インデックス(一覧

学生の質保つには「医学部定員削減」「教員増」◆医学部長アンケートVol.3 2015/6/28

後期研修も大学病院中心で◆医学部長アンケートVol.2 2015/6/26

ナンバー科弊害の解消提言、国立病院長会議 2015/6/24

「大学の役割、高まる」◆医学部長アンケートVol.1 2015/6/24

「寛大な判決を」、造影剤誤投与事件で嘆願書 2015/6/22

教授が医大学長をパワハラで提訴へ、浜松医大 2015/6/22

准教授処分「重い責任」、聖マリが謝罪 2015/6/19

臨床研修「一から見直しを」、全国医学部長会議 2015/6/19

かかりつけ薬局に優れた健康サポート機能を 2015/6/19

成田医学部「国民愚弄」といらだち 2015/6/19

聖マリ「ゆるみきっていた」、指導医3人を追加取消 2015/6/18

総合診療医のアイデンティティ確保が重要 2015/6/17

2025年を見据えた医師養成、「動くなら、今!」 2015/6/17

総合診療医養成のコアは大学であるべき 2015/6/15

女性外科医、「一軍になれない」 2015/6/15

がん死亡20%減は未達成、「喫煙、検診、均てん化」に課題 2015/6/11

「処分ではなく実態把握が目的」、厚労省タスクフォース 2015/6/11

「医療費抑制へ都道府県の権限強化を」 2015/6/10

MERS、入院は各都道府県での対応を原則に 2015/6/10

規定違反判明で医師ら8人辞任、厚労省部会などの委員 2015/6/10