m3.com トップ>医療維新>レポート>「病院外来の40:1人員配置は根拠不明」、医療提供体制を議論

「病院外来の40:1人員配置は根拠不明」、医療提供体制を議論

社保審・医療部会、「病床数・機器数データの意味・結果の議論を」

2010年12月3日 村山みのり(m3.com編集部)


12月2日、厚生労働省の社会保障審議会・医療部会は医療提供体制のあり方について議論を行った。事務局(厚労省)は、日本における医療施設・病床整備の経緯、医療施設数の動向、医療従事者・医療機器の状況などについて資料を提出。医療施設体系に関する論点として、以下3点を提示した。・人口・世帯構造や疾病構造の変化等を受けて、病院、診療所、薬局等には、患者のニーズ(急性期治療、リハビリ、長期療養、在宅医療など)に応じた医療機能の観点から、どのような役割が期待されるか。・一般病床、療養病床の病床区分や介護保険の... 続きを読む

インデックス(一覧

看護師特定行為14施設で研修実施へ、厚労省部会 2015/8/5

収益安定化が課題、がん研有明病院、山口院長 2015/8/4

公立・大学病院に機能転換期待、社会保障制度改革推進会議 2015/8/3

国がん、東北大、阪大の3病院が臨床研究中核病院 2015/7/30

「がん対策基本法の充実必要」 2015/7/30

「日本の外科技術は優秀」、外保連 2015/7/29

「手術時間短縮で減点」回避へ、今秋に要望 2015/7/29

造影剤誤投与、「禁錮1年、執行猶予3年」確定 2015/7/29

県別医師給与、長崎1位、厚労省賃金調査 2015/7/24

AMEDが難病研究の国際コンソーシアムに加盟 2015/7/23

化療学会が調査委立ち上げへ、販売禁止問題 2015/7/21

「医療者個人へのアプローチが不足」、千葉がん最終報告 2015/7/17

「医療ID複数所持の検討を」日医委員会 2015/7/15

返戻後、作り直せる柔整レセ、制度に疑問の声 2015/7/15

造影剤の誤投与「初歩的、重い過失」、禁錮1年 2015/7/14

「保険者よ、柔整師になめられるな」、約80の保険者勉強会 2015/7/14

全80大学の麻酔科教授に訴訟支援を要望 2015/7/12

「地域医療」「国際認証」、力を入れる取組み◆医学部長アンケートVol.7 2015/7/12

「全保険者が後発品利用勧奨」目指す、日本健康会議 2015/7/11

入学式のあいさつとお薦めの本◆医学部長アンケートVol.6 2015/7/11