m3.com:最新医療ニュース、医療情報サイト

m3.com トップ>医療維新>オピニオン|The Vo...>主治医機能強化は「登録医」導入

主治医機能強化は「登録医」導入

短兵急で一律的な制度導入で現場は混乱

2014年1月24日 桑島政臣(神奈川県保険医協会政策部長)


1月15日、中医協は今次診療報酬改定の「骨子」を公表した。「医療機関の機能分化・強化と連携、在宅医療の充実等」のみを重点課題としたその内容は、入院と在宅医療に偏重し、「外来」は「主治医機能」をもつ診療所の「継続的かつ全人的な医療」の評価にほぼ特化している。これは、生涯にわたり全てを診る、登録医制度である。短兵急で一律的な制度導入は、現場混乱を招来する。われわれは、この危険性と、関連する深謀遠慮を警鐘する。今次改定は2025年の高齢社会へ向けた準備、地域包括ケアのネットワーク作りが「柱」である。病... 続きを読む