臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 先天性心疾患患者のCOVID-19死亡率は一般集団と同等

先天性心疾患患者のCOVID-19死亡率は一般集団と同等

2021年5月2日  Journal of the American College of Cardiology

世界の先天性心疾患(CHD)センター58施設で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が確定または臨床的に疑われるCHD成人患者1044例(平均年齢35.1±13.0歳、女性51%)を対象に、COVID-19の影響および有害転帰の危険因子を検討。検査で感染が確定した患者の割合は87%だった。118例(11%)に単心室症またはフォンタン手術施行(Fontan physiology)、87例(8%)にチアノーゼ、73例(7%)に肺高血圧症が認められた。 その結果、COVID-19関連死亡者数は24例で、死亡率は2.3%だった。死亡の関連因子に男性、糖尿病、チアノーゼ、肺高血圧症、腎不全、心不全による入院歴などがあった。生理学的段階不良に死亡との関連が認められたが(P=0.001)、解剖学的複雑性や欠陥群には死亡との関連は認められなかった。 この記事への読者の皆様(医師)からのコメントを募集しています。(こちらから投稿していただくコメントは実名での投稿になり、匿名で投稿できるDoctors Community・カンファレンスとは異なります。また、全てが採用されるものではありません。詳...