臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 乾癬のグセルクマブ、5年後も臨床的効果とHRQoL改善維持

乾癬のグセルクマブ、5年後も臨床的効果とHRQoL改善維持

2021年6月25日  専門誌ピックアップ

中等症ないし重症の乾癬でグセルクマブをプラセボとアダリムマブと比較したVOYAGE 1、2試験(対象計1829例)で、5年間の医師および患者報告転帰を検討。252週までの有効性と健康関連の生活の質(HRQoL)および264週までの安全性を評価した。 その結果、252週時に臨床的奏効を得たグセルクマブ群の患者の割合は、乾癬の面積と重症度の指標90%以上改善(PASI90)がVOYAGE 1試験84.1%とVOYAGE 2試験82.0%、医師による全般的評価スコア0または1(IGA0/1)がそれぞれ82.4%と85.0%、PASI100が52.7%と53.0%、IGA0が54.7%と55.5%だった。HRQoL評価項目の達成は、Dermatology Life Quality Index(DLQI) スコア0または1(患者の生活に影響なし)が72.7%と71.1%、Psoriasis Symptoms and Signs Diary(PSSD)症状スコア0が42.4%と42.0%、PSSD徴候スコア0が33.0%と31.0%だった。 この記事への読者の皆様(医師)からのコメントを募集して...