臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 脳梗塞の血栓回収、試行回数増えると転帰不良

脳梗塞の血栓回収、試行回数増えると転帰不良

2021年7月2日  専門誌ピックアップ

大血管閉塞による急性脳梗塞(AIS LVO)後の血栓回収試行(CRA)回数と転帰との関連を検討。機械的血栓除去術を施行した前方AIS-LVO患者の多施設共同前向き統合レジストリ2件からデータを抽出し、治療後に良好な再開通を得た[expanded Thrombolysis in Cerebral Infarction Scale(eTICI)スコア2b、2Cまたは3と定義]419例を対象に、CRA回数、新たな領域の塞栓(ENT)、梗塞拡大(IG)および3カ月時の転帰の関連を解析した。 ENTの発生にCRA回数の増加との強い相関が認められた(ρ=0.73、P=10-4)。多変量線形解析で、IGはCRA(試行1回当たりβ=1.6、95%CI 0.97-9.74、P=0.03)およびENT(β=2.7、95%CI 1.21-4.1、P=0.03)と独立して関連していた。機能的転帰(3カ月時の修正ランキン尺度2点以上)は、CRAが1回増えるごとに悪化した。2項ロジスティック回帰分析で、IGが転帰不良の独立の予測因子だった(IG 1mL増加当たりオッズ比1.05、95%CI 1.02-1.07、...