臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. メトホルミン使用DM患者、SGLT2i併用で死亡リスク低下

メトホルミン使用DM患者、SGLT2i併用で死亡リスク低下

2021年7月25日  JAMA Internal Medicine

メトホルミンを服用している2型糖尿病患者を対象に、ナトリウム・グルコース共輸送体2(SGLT2)阻害薬またはスルホニル尿素(SU)薬併用の有効性をコホート研究で比較。米国退役軍人省データのSGLT2阻害薬新規使用者2万3870例とSU薬新規使用者10万4423例を追跡した。 その結果、SGLT2阻害薬はSU薬に比べて、全死因死亡リスクが低かった(ハザード比0.81、95%CI 0.75-0.87、1000人年当たりの死亡発生率の差-5.15件)。心血管疾患の有無、推算糸球体濾過量の分類(90mL/分/1.73m2超から30mL/分/1.73m2以下まで)、アルブミン尿の有無[なし(アルブミン/クレアチニン比30mg/g以下)、微量アルブミン尿(同30mg/g超-300mg/g以下)、顕性アルブミン尿(同300mg/g超)]に関係なく、SGLT2阻害薬で死亡リスクが低下した。 この記事への読者の皆様(医師)からのコメントを募集しています。(こちらから投稿していただくコメントは実名での投稿になり、匿名で投稿できるDoctors Community・カンファレンスとは異なります。また、全てが...