臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 教師のCOVID-19入院リスクは高くない

教師のCOVID-19入院リスクは高くない

2021年9月13日  British Medical Journal

英スコットランドで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患した21-65歳の患者全13万2420例と医療従事者と一般集団から成る対照130万6566例を対象に、教師のCOVID-19リスクを集団ベースのコホート内症例対照研究で検討。主要評価項目はCOVID-19による入院とした。 一般集団の労働年齢の成人では、COVID-19による入院のリスク(累積発生率)は1%未満だった。調整した条件付きロジスティック回帰モデルでは、教師(平均年齢42歳、女性80%、併存疾患なし84%)は一般集団よりもCOVID-19による入院のリスク(率比0.77、95%CI 0.64-0.92)が低かった。2020年秋の学校再開時、教師の入院率比は1.20(同0.89-1.61)、重症COVID-19率比は0.45(同0.13-1.55)だった。これに対応する教師の同居家族の率比はそれぞれ0.91(同0.67-1.23)、0.73(同0.37-1.44)、患者と接する医療従事者は2.08(同1.73-2.50)、2.26(同1.43- 3.59)だった。2021年夏の学校再開時も教師のリスクは同等だっ...