臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 交通騒音で認知症リスクが上昇する?

交通騒音で認知症リスクが上昇する?

2021年9月19日  British Medical Journal

デンマークで、居住地での長期的な道路交通および鉄道騒音曝露と認知症発症リスクとの関連性を全国コホート研究で検討。60歳以上193万8994例で、あらゆる原因による認知症および認知症サブタイプの新規発症を評価した。 認知症を発症した10万3500例を対象とした(アルツハイマー病3万1219例、血管性認知症8664例、パーキンソン病関連認知症2192例)。Cox回帰分析の結果、建物の外壁で騒音レベルが最も高い場所(Ldenmax)と最も低い場所(ldenmin)での道路交通および鉄道騒音の10年間平均騒音曝露量にあらゆる原因による認知症リスク上昇との関連が認められた。サブタイプ解析で、道路交通騒音と鉄道騒音でアルツハイマー病リスクが上昇し、ハザード比は、道路交通騒音のLdenmax 45 dB未満と比較した65dB以上が1.16(95%CI 1.11-1.22)、Ldenmin 40dB未満と比較した55dB以上が1.27(同1.22-1.34)、鉄道騒音のLdenmax 40dB未満と比較した60dB以上が1.16(同1.10-1.23)、Ldenmin 40dB未満と比較した50dB以...