臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 高リスク者の大腿骨頚部骨折手術、TXAで合併症増えず

高リスク者の大腿骨頚部骨折手術、TXAで合併症増えず

2021年9月22日  The Journal of Bone & Joint Surgery

転位型大腿骨頚部骨折で人工骨頭置換術または人工股関節全置換術を施行した患者2166例を対象に、トラネキサム酸(TXA)投与と血栓性合併症または死亡のリスク上昇との関連を検討。傾向スコアでマッチさせた高リスクの患者(1066例)と患者全体で、TXA投与の有無別に術後90日以内の死亡と血栓性合併症発生を比較した。 その結果、高リスク患者と患者全体で、TXA投与に90日以内の血栓性合併症や死亡のリスク上昇との関連は認められなかった。高リスク患者(1066例)のTXA非投与患者とTXA投与患者では、死亡(14.82% vs. 10.00%、P=0.295)、深部静脈血栓症(3.56% vs. 3.04%、P=0.440)、肺塞栓症(2.44% vs. 1.96%、P=0.374)、心筋梗塞(3.38% vs. 2.14%、P=0.704)および脳卒中(4.32% vs. 5.71%、P=0.225)の発生率に有意差はなかった。...