臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. コロナ入院患者にレムデシビル併用は無益

コロナ入院患者にレムデシビル併用は無益

2021年9月25日  専門誌ピックアップ

欧州48施設で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のため入院し酸素吸入や人口呼吸管理を要する患者857例(発症からの日数は問わず)を対象に、レムデシビル+標準治療併用の臨床的有効性を第III相非盲検アダプティブ無作為化比較試験で評価(DisCoVeRy試験)。 その結果、WHOの7段階順序尺度で判定した15日時の臨床状態は以下の通りだった。 退院、活動制限なし:レムデシビル群15% vs. 標準治療単独群17% 退院、活動制限あり:31% vs. 32% 入院中、酸素吸入不要:12% vs. 7% 入院中、酸素吸入が必要:18% vs. 16% 入院中、非侵襲的換気または高流量酸素装置が必要:4% vs. 3% 入院中、侵襲的機械換気または体外式膜型人工肺が必要:15% vs. 19% 死亡:5% vs. 6% 両群の臨床状態に有意差はなかった(オッズ比0.98、95%CI 0.77-1.25、P=0.85)。重篤な有害事象の発現率にも有意差はなかった(33% vs. 31%、P=0.48)。著者らは、症状が7日以上持続し酸素療法を要するCOVID-19入院患者にレムデシビル...