臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. PHQ-9のうつ病検出精度を推定

PHQ-9のうつ病検出精度を推定

2021年10月14日  British Medical Journal

こころとからだの質問票-9(PHQ-9)のうつ病検出精度を系統的レビューと個別参加者データのメタ解析で検討。半構造化、完全構造化または簡易構造化面接(MINI)を用いた研究100件の4万4503例のデータを解析し、研究や患者の部分集団別にPHQ-9の感度と特異度を推定した。 その結果、半構造化面接参照基準を用いた研究では、カットオフ値10以上で感度と特異度は0.85(95%CI 0.79-0.89)と0.85(同0.82-0.87)だった。特異度は、参照基準に関係なくほぼ同じだったが、半構造化面接を用いた研究の感度がカットオフ値に関係なく完全構造化面接参照基準を用いた研究よりも7-24%高く、MINIを用いた研究よりも2-14%高かった。参照基準およびカットオフ値を問わず、特異度は男性が0-10%高く、60歳以上が0-12%高かった。...