臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 頭頚部がん経験者は2次肺がんリスクが高い

頭頚部がん経験者は2次肺がんリスクが高い

2021年11月20日  専門誌ピックアップ

低線量CTまたは胸部X線検査(CXR)による肺がん検診による頭頸部がん経験者の2次原発性肺がん(second primary lung cancer)発症率を無作為化臨床試験National Lung Screening Trialの2次解析で検証。試験に参加した30箱・年以上の喫煙歴がある現喫煙者または過去喫煙者5万3452例のうち171例(平均年齢61歳、男性77.2%)が頭頸部がん経験者だった。 その結果、10万人年当たりの肺がん発症率は頭頸部がんサバイバー群2080例、頭頸部がんなし群609例だった(調整後率比2.54、95%CI 1.63-3.95)。頭頸部がん経験者での10万人年当たりの2次原発性肺がん発症率は低線量CT群2610例、CXR群1594例(発生率比1.55、0.59-3.63)、総生存期間は7.07年、6.66年だった(log-rank検定によりP=0.48)。...