臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. SGLT2阻害薬で高齢者の骨折リスク増えず

SGLT2阻害薬で高齢者の骨折リスク増えず

2021年11月21日  専門誌ピックアップ

出来高払い方式のメディケアデータを用いて、骨折歴のない高齢2型糖尿病患者(65歳以上)13万7667例を対象に、ナトリウムグルコース共輸送体2阻害薬(SGLT-2i)の投与開始と骨折リスクの関連をコホート研究で検討。ジペプチジルペプチダーゼ4阻害薬(DPP-4i)およびグルカゴン様ペプチド1受容体作動薬(GLP-1RA)とリスクを比較した。 その結果、SGLT-2i開始者の骨折リスクは、DPP-4i開始者(ハザード比0.90、95%CI 0.73-1.11)およびGLP-1RA開始者と差がなかった。性別、フレイルの有無(非フレイル、フレイル予備軍、フレイル)、年齢(75歳未満、75歳以上)およびインスリンの使用の有無で分類した解析でも、結果は同じだった。...