臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. NASH治療のFXR作動薬、P2結果良好

NASH治療のFXR作動薬、P2結果良好

2021年11月22日  専門誌ピックアップ

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)患者132例を対象に、経口ファルネソイドX受容体(FXR)作動薬EDP-305の有効性、安全性、忍容性を第II相無作為化二重盲検プラセボ対照試験で検討した。 その結果、12週時点のアラニンアミノトランスフェラーゼ低下量の最小二乗平均値は、プラセボ群-15.4U/Lに対して、EDP-305 2.5mg群-27.9U/L(95%CI 0.03-24.9、P=0.049)および1mg群-21.7U/L(同-5.8-18.3、P=0.304)だった。MRIのプロトン密度脂肪分画(MRI-PDFF)の測定による肝脂肪量の絶対減少率は2.5mg群-7.1%(同2.0-7.5、P=0.0009)、1mg群-3.3%、プラセボ群-2.4%だった。2.5mg群の50.9%、1mg群の9.1%、プラセボ群の4.2%に掻痒が発現し、2.5mg群の20.8%と1mg群の1.8%が投与を中止した。...