臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 軟性S状結腸鏡検査1回で大腸がん発症減

軟性S状結腸鏡検査1回で大腸がん発症減

2021年11月24日  Annals of Internal Medicine

軟性S状結腸鏡(FS)1回実施による大腸がん(CRC)の発症および死亡の長期予防効果を並行群間無作為化比較試験(Flexible Sigmoidoscopy Screening Trial)で評価。1995-99年に55-64歳の参加者計3万4272例(介入群と対照の通常ケア群各1万7136例)を組み入れ、2012年(発症)および2014-16年(死亡)まで追跡した。 その結果、介入群の9911例が検診を受けた。追跡期間中央値は、15.4年(発症)および18.8年(死亡)だった。intention-to-treat(ITT)解析では、介入群のCRC発症率が対照群よりも19%(率比0.81、95%CI 0.71-0.93)低く、per protocol(PP)解析では介入群のCRC発症率が33%(同0.67、0.56-0.81)低かった。死亡率は、ITT解析では22%(同0.78、0.61-0.98)、PP解析では39%(同0.61、0.44-0.84)低下した。発症率は、男女ともに統計学的に有意に低下した。死亡率は、男性で統計学的に有意に低下した(ITT:同0.73、0.54-0.97...