臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. CKD患者、透析移行で身体機能も低下

CKD患者、透析移行で身体機能も低下

2021年11月24日  専門誌ピックアップ

推算糸球体濾過量(eGFR)30mL/分/1.73m2未満の非透析慢性腎臓病(CKD)患者386例を対象に、透析への移行と身体活動および身体機能の経時的変化との関連を検討。162例が透析に移行した。追跡期間中央値は透析移行群606日、非移行群427日だった。 その結果、両群ともに自己報告による身体活動量および歩行速度の有意な低下が認められた。平均椅子立ち上がり時間は、透析移行群で18.5秒から27.4秒に、非移行群で20.8秒から24.0秒へと長くなった(変化量の調整後差5.2秒)。未調整モデル(変化量の差6.05秒、95%CI 2.36-9.74、P=0.001)および調整後モデル(β推定値5.23秒、0.75-9.71、P=0.02)での椅子立ち上がり時間の延伸度合いは透析移行群の方が非移行群よりも大きかった。...