臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 発症後6-24時間経過の脳梗塞にも血栓除去が有益

発症後6-24時間経過の脳梗塞にも血栓除去が有益

2021年11月26日  Lancet

前方循環の近位大血管閉塞を起こし最終未発症確認後6-24時間の患者に用いる血栓除去術の有用性を無作為化比較試験の系統的レビューと個別患者データのメタ解析で検討。試験6件の計505例(介入群266例、対照群239例、平均年齢68.6歳、女性51.3%)の個別データを解析した。主要評価項目は、修正ランキン尺度(mRS)による90日時の障害とした。 主要評価項目の解析では、未調整共通オッズ比2.42(95%CI 1.76-3.33、P<0.0001)、患者データや治療前の脳梗塞の重症度などで調整した共通オッズは2.54(同1.83-3.54、P<0.0001)で、血栓除去術の有用性が示された。介入群と対照群で90日死亡率(16.5% vs. 19.3%)と症候性脳内出血発生率(5.3% vs. 3.3%)に有意差はなかった。...