臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. コロナワクチン、変異株出現でも高い有効性を維持

コロナワクチン、変異株出現でも高い有効性を維持

2021年12月9日  New England Journal of Medicine

米ニューヨーク州の成人869万825例のデータを用いて、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するワクチン3種(ファイザー製BNT162b2、モデルナ製mRNA-1273およびジョンソン&ジョンソン製Ad26.COV2.S)の有効性を比較した。 2021年5月1日から9月3日までの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染および2021年5月1日から8月31日までのCOVID-19による入院に対して、それぞれのワクチンの有効性を評価した。 その結果、デルタ株が変異株の1.8%を占めた2021年5月1日の週のワクチン有効性中央値は、BNT162b2が91.3%、mRNA-1273が96.9%、Ad26.COV2が86.6%だった。全体の有効性中央値は93.4%だったが、デルタ株が占める割合が85.3%になった7月10日頃に73.5%に低下した。デルタ株が占める割合が99.6%に達した8月28日の週では74.2%だった。 18-64歳の成人のCOVID-19による入院に対する有効性は86%以上を維持し、時間的傾向を認めなかった。BNT162b2またはmRNA-1273を接種し...