1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. ノババックス社ワクチン、感染予防の有効性90%

ノババックス社ワクチン、感染予防の有効性90%

2021年12月21日  New England Journal of Medicine

米国とメキシコで、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)罹患歴のない18歳以上の成人2万9582例(年齢中央値47歳、65歳以上12.6%)を対象に、NVX-CoV2373ワクチン(ノババックス社製)の有効性と安全性を第III相無作為化観察者盲検プラセボ対照試験で評価。参加者を無作為化によりNVX-CoV2373とプラセボに割り付け、21日間隔で2回接種した。主要評価項目は、接種後7日以上経過後のCOVID-19発症とした。 その結果、3カ月間でワクチン群14例、プラセボ群63例の計77例がCOVID-19に罹患した、(ワクチンの有効性90.4%)。中等症10例と重症4例はいずれもプラセボを投与した参加者で、中等症から重症の疾患に対するワクチンの有効率は100%だった。変異株に対するワクチン有効性は92.6%(同83.6-96.7)だった。反応原性はほとんどが軽度ないし中等度で一過性のものだったが、NVX-CoV2373接種者の方がプラセボ接種者よりも頻度が高く、2回目接種後の方が初回接種後よりも頻度が高かった。...