1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 生殖補助医療に児の精神疾患との関連認めず

生殖補助医療に児の精神疾患との関連認めず

2022年1月18日  JAMA Psychiatry

スウェーデンの1994-2006年全国的出生コホート(登録者122万1812人)を用いて、生殖補助医療(ART)で生まれた小児の精神疾患リスクを長期的に検討。1994年から2006年までの出生児122万1812例(女児48.6%)を中央値で18歳まで追跡した。ART出生児3万1565人(2.6%)を非ART出生児と比較した。 その結果、ART出生児は強迫性障害(OCD)のリスクが高かった(ハザード比1.35、95%CI 1.20-1.51)。親の因子で調整すると、この関連は有意ではなくなり、親が不妊症のART出生児に限定した場合は関連性が消失した(調整後ハザード比1.02、0.89-1.17)。ART出生児のうつ病または自殺行動のリスクは高くなかった(親の不妊症との関係なし)。受精の種類(標準的な体外受精または卵細胞質内精子注入法)に転帰との関連は認められなかった。...