1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 股関節骨折手術には脊髄くも膜下麻酔か全身麻酔か

股関節骨折手術には脊髄くも膜下麻酔か全身麻酔か

2022年6月24日  Annals of Internal Medicine

股関節骨折手術を予定している50歳以上の患者1600例(平均年齢78歳、女性77%)で脊髄くも膜下麻酔と全身麻酔を比較した既報の実用的無作為化試験(REGAIN試験)から、疼痛、鎮痛薬使用、患者の満足度を評価した副次解析の結果が報告された。 その結果、73.5%(1428例中1050例)に術後24時間以内の重度疼痛が報告された。脊髄くも膜下麻酔群の方が術後24時間以内の最も強い疼痛の程度が強かった(0-10の尺度で評価、平均差0.40、95%CI 0.12-0.68)。それ以外の評価時点で疼痛に群間差は認められなかった。60日時点の処方鎮痛薬の使用率は、脊髄くも膜下麻酔群が25%、全身麻酔群が18.8%だった(相対リスク1.33、同1.06-1.65)。患者の満足度は両群で同程度だった。...