1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 小児CICUの院内心停止、予防バンドルで減少

小児CICUの院内心停止、予防バンドルで減少

2022年8月5日  JAMA Pediatrics

小児心臓集中治療室(CICU)で、高リスク患者の状態悪化の軽減を目的として医師の状況認識とコミュニケーションを向上させる5つの要素から成る心停止予防(CAP)バンドルにより院内心停止(IHCA)率が低下するかを検討。差分の差分(DID)法を用いて、15のCAP病院と16の対照病院の介入前12カ月間とCAP導入後18カ月間(介入期)のIHCA率を比較した。 その結果、CAP病院の入院1万510件のうち2664件(25.3%)でバンドルが実施された。CAP病院ではリスク調整後IHCA率に30%の相対的低下が見られたが(介入期2.6%、介入前3.7%)、対照病院では変化が見られなかった(同2.7%、2.7%)。DID分析の結果、対照病院との比較で、CAP病院では介入期に全入院のIHCAのオッズが介入前から有意に低下したことが確認された(オッズ比0.72、95%CI 0.56-0.91、P=0.01)。...