1. m3.comトップ
  2. 海外ジャーナル
  3. 妊娠糖尿病女性、生活習慣改善で2型糖尿病リスク9割低下

妊娠糖尿病女性、生活習慣改善で2型糖尿病リスク9割低下

2022年9月30日  British Medical Journal

米Nurses' Health Study IIの参加者で妊娠糖尿病歴がある女性4275例を対象に、修正可能な危険因子と2型糖尿病リスクとの関連を前向きコホート研究で検討。BMI 25未満、質の高い食事(modified Alternate Healthy Eating Index上位5分の2)、定期的な運動(150分/週以上の中強度の運動または75分/週以上の高強度の運動)、適度な飲酒(5.0-14.9g/日)、非喫煙の5項目を修正可能な危険因子とした。 その結果、5つの危険因子がいずれも最適値だった女性は、1つも最適値がない女性よりも2型糖尿病リスクが90%以上低かった。危険因子の最適値が1つもない女性と比較した2型糖尿病発症のハザード比は、最適値1つが0.94(95%CI 0.59-1.49)、2つが0.61(同0.38-0.96)、3つが0.32(同0.20-0.51)、4つが0.15(同0.09-0.26)、5つが0.08(同0.03-0.23)だった(傾向のP<0.001)。BMIが25以上の女性では、その他の4つの危険因子が最適値を達成するハザード比は0.40(同0.18...