1. m3.comトップ
  2. 臨床ニュース
  3. 画像診断ガイドライン、初めてでもわかる全体像と活用のポイント

画像診断ガイドライン、初めてでもわかる全体像と活用のポイント

2022年3月25日  m3.com臨床動画

日本医学放射線学会は昨年秋、5年ぶりとなるガイドラインの策定を行い、「画像診断ガイドライン2021年版」を発刊しました。いわゆる画像診断専門医を想定読者としていた前版までに対し、2021年版は「画像検査を依頼する側である各診療科の医師」に向けた指針へ刷新したことが最大の特徴で、画像診断を扱う全11領域をカバーし、画像が関わるさまざまな疑問について、豊富なエビデンスを元に、現時点での答えを示しています。 今回、日本医学放射線学会診療・ガイドライン委員会と、本版を発行する金原出版株式会社の全面協力の下、本ガイドラインの注目ポイントを動画で解説するシリーズが実現しました。 第1回は、同委員会中央委員会の片岡正子先生による「総説 初めてでもわかる全体像と活用のポイント」です。ぜひシリーズ全編をご覧いただき、日常診療へご活用ください。...