1. m3.comトップ
  2. 臨床ニュース
  3. 第13回 多発性骨髄腫のポイント

第13回 多発性骨髄腫のポイント

2022年4月5日  ドクター寄稿

多発性骨髄腫(MM)は、形質細胞の腫瘍性増殖と、その産物である単クローン性免疫グロブリン(M蛋白)の血清・尿中増加によって特徴づけられる疾患です。日本での罹患率は人口10万人当たり年間6.1人(国立研究開発法人国立がん研究センター、2018年)、死亡率は人口10万人当たり年間3.5人(同2019)で、年々増加傾向にあります。女性より男性にやや多く、40歳以下は極めてまれです。高齢になるほど罹患率が高まります。...