1. m3.comトップ
  2. 臨床ニュース
  3. 妊娠中・授乳中のCT・MRIはこう考える【産婦人科領域】

妊娠中・授乳中のCT・MRIはこう考える【産婦人科領域】

2022年4月22日  m3.com臨床動画

妊娠中の画像検査で問題になるのは、合併症などによってCTやMRIなど被曝を伴う検査を施行する必要が生じた場合、あるいは、妊娠に気づかずに検査を施行し、検査の後に妊娠が発覚した場合です。妊娠中や授乳中の造影剤の安全性について、判断を迫られる場面もあります。 この問題について、日本医学放射線学会「画像診断ガイドライン2021年版」産婦人科領域では3つのFQ(Future research Question=CQとして取り上げるにはデータが不足しているが、今後の重要な課題と考えられるCQ)を設定し、現状の考え方を解説しました。 大阪大学大学院医学系研究科放射線医学講座・坪山 尚寛先生の解説をお聞きください。...