1. m3.comトップ
  2. 臨床ニュース
  3. 汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム3900枚が一部自主改修

汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム3900枚が一部自主改修

2022年4月2日  医薬品医療機器総合機構

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は3月29日、PDRファーマの「汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム」(販売名:smartMIBGハート)の自主改修情報(クラスII)を発表した。一部製品にて不具合の可能性があると分かったことによる措置で、改修作業は同日より実施している。...