1. m3.comトップ
  2. 臨床ニュース
  3. 新設!血液腫瘍に対するFDG-PETの使い方を画像診断GLに学ぶ【血液領域】

新設!血液腫瘍に対するFDG-PETの使い方を画像診断GLに学ぶ【血液領域】

2022年4月22日  m3.com臨床動画

日本医学放射線学会が作成する「画像診断ガイドライン」は、画像診断を扱うすべての領域を網羅しているのが特徴です。2016年版以来5年ぶりの大幅改訂となった2021年版は、「小児」と「血液」という2領域を新設し、全11領域(消化器領域を細分化すると14領域)の構成となりました。 初登場となった血液領域で設定したのは、「悪性リンパ腫に対する病期判定と再発診断においてFDG-PETは推奨されるか」「悪性リンパ腫の治療効果判定においてFDG-PETは推奨されるかという2つのBQと、「多発性骨髄腫の治療後活動性評価においてFDG-PET/CTまたはPETの追加は推奨されるか」という1つのCQ。 東京医科歯科大学の横山幸太先生が、豊富な自験例画像を用いて解説してくださいました。血液腫瘍診療におけるFDG-PETの使い方について、この機会にぜひ勉強してみてください。...