1. m3.comトップ
  2. 臨床ニュース
  3. 新しい機序の抗凝固薬asundexian、出血リスク低減の報告に期待

新しい機序の抗凝固薬asundexian、出血リスク低減の報告に期待

2022年5月8日  ドクター寄稿

DOAC(直接経口抗凝固薬)が使用されるようになって10年以上が経過し、昨今では心房細動に対して標準的治療として幅広く使用されるようになっている。DOACはワーファリンと比較すると出血リスクも低く、安全性が高い薬剤ではあるが、患者層の高齢化もあって出血リスクの懸念は依然残された課題である。特に本邦においては高齢化が顕著であり、心房細動の患者層高齢化も進んでいるため、「より安全に使用できる」抗凝固薬の開発は非常に重要であると考えた。...