1. m3.comトップ
  2. 臨床ニュース
  3. 一人読影でも肺結節見落とさぬ手法

一人読影でも肺結節見落とさぬ手法

2022年7月9日  m3.com臨床動画

近年、テクノロジーの進展により、医療やヘルスケアの現場が大きく変化しようとしています。このweb講演会では、胸部X線画像から「肺結節」候補域を検出するAIソフトウェア「EIRL X-Ray Lung nodule」を導入した綱島東口内科・糖尿病内科クリニック(神奈川県横浜市)院長の近藤義宣氏に、実際のAI解析結果をもとにAI導入における3つのメリットをご解説いただきました。 近藤氏は 「AIは『見落としによる訴訟リスク軽減』、『過剰な検査を回避することによる医療費抑制』、そして『安心感』をもたらしてくれる」 と述べます。((近藤義宣氏インタビュー「訴訟リスク軽減、医療費抑制、安心感の三角形でAIの導入は進む)」)...