1. m3.comトップ
  2. 臨床ニュース
  3. 成人ARDS患者に人工呼吸を行う際にリクルートメント手技を用いるか?

成人ARDS患者に人工呼吸を行う際にリクルートメント手技を用いるか?

2022年11月23日  m3.com臨床動画

日本集中治療医学会、日本呼吸器学会および日本呼吸療法医学会が合同作成する「ARDS診療ガイドライン」は救命救急科や呼吸器科のみならず、多くの職種の医療関係者が情報をアップデートしておかなければならない重要な指針です。最新版となるARDS診療ガイドライン2021は、世界で初めて小児ARDSも対象とし、成人46個および小児15個のクリニカルクエスチョン(CQ)を含んだものとして完成しました。本シリーズでは、この改訂ポイントを領域ごとに分かりやすく動画で解説いたします。 リクルートメント手技は、ベッドサイドで実施することができ、酸素化や肺コンプライアンスが改善されるなどの可能性が示されている一方、循環不全や圧損傷などの合併症を生じるリスクが指摘されています。このような背景からARDSに対してリクルートメント手技を行うかどうか迷うこともあるかもしれません。今回の動画では、草加市立病院総合内科の石丸剛氏に、成人ARDS患者に人工呼吸を行う際にリクルートメント手技は推奨されるのか解説いただきました。...