臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 臨床ニュース
  3. 第43回 糖尿病性腎臓病治療薬の効果はいかに?(その3)

第43回 糖尿病性腎臓病治療薬の効果はいかに?(その3)

2021年9月1日  スペシャリストの視点

今回扱う論文 Esaxerenone (CS-3150) in Patients with Type 2 Diabetes and Microalbuminuria (ESAX-DN): Phase 3 Randomized Controlled Clinical Trial. Clinical Journal of the American Society of Nephrology 2020; 15: 1715-1727.1) はじめに 糖尿病性腎臓病(DKD)では広範な病態とそれに対する治療ターゲットが想定されており(表1)、前回は尿酸低下の腎保護作用を検討しました2)〔第41回 糖尿病性腎臓病治療薬の効果はいかに?(その1)〕。 DKDのほかの治療薬として、炎症・線維化を抑制する可能性があるアルドステロンブロッカー(ミネラルコルチコイド受容体ブロッカー;MRB*)が挙がっています3)。中でも非ステロイド性選択的MRBは理論上、副作用が少ないという点で期待されています。今回は日本発のエビデンスを恒例の形式で斬りましょう。 *ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬(MRA)と呼ばれること...