臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 臨床ニュース
  3. COVID-19 中等症患者における腹臥位療法の効果とメカニズム

COVID-19 中等症患者における腹臥位療法の効果とメカニズム

2021年9月9日  m3.com臨床動画

提供:エムスリー株式会社 共催:ソニー株式会社 演者:増山 智之先生(みさと健和病院(埼玉県)の救急総合診療科副部長・自治医科大学附属さいたま医療センター集中治療部病院助教(非常勤)) 編集部から: 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第5波に伴う患者増加が続いています。みさと健和病院(埼玉県)の救急総合診療科・自治医科大学附属さいたま医療センター集中治療部の増山智之先生に非挿管COVID-19患者の腹臥位療法の有用性に関する新たなエビデンス(2021年8月下旬現在の情報)とその機序を解説いただきました。腹臥位療法の安全性は比較的高いとされており、自宅療養患者さんにも適用可能とのことです。増山先生は患者・医療者向けのパンフレットも作成しており、「ご自由にどんどん使って下さい!」と呼びかけています。パンフレットは こちら からダウンロードできます。 本放送はオンデマンド配信であり、演者への質問はお受けできません。 本講演会は、各種アクション進呈キャンペーンの対象外になります、ご了承ください。 本講演会は 2021年9月5日に収録したものです。 本講演会の情報は、閲覧いただいてい...