臨床ダイジェスト

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 臨床ニュース
  3. 第5回 ニボルマブ術後補助治療は再発予防に効果あり―CheckMate-274試験

第5回 ニボルマブ術後補助治療は再発予防に効果あり―CheckMate-274試験

2021年9月16日  スペシャリストの視点

今回扱う論文 Adjuvant Nivolumab versus Placebo in Muscle-Invasive Urothelial Carcinoma New England Journal of Medicine 2021; 384: 2102-21141) はじめに 潤性尿路上皮がんにおいて、根治的治療の予後改善を目的に、周術期補助化学療法が施行されています。浸潤性膀胱がんに対しては、シスプラチンを含む術前補助化学療法が強く推奨されています。なお、術前補助化学療法が施行されず、摘出標本においてpT3以上あるいはpN+が認められた場合は、術後補助化学療法が考慮されますが、十分なエビデンスで支持されているわけではありません。また術前補助化学療法を施行後に、ypT2以上あるいはpN+を認めた場合も、術後補助治療として有効性が示された治療選択肢は存在しないのが現状です。 一方、腎尿管全摘除術が施行された浸潤性腎盂・尿管がん(pT2以上あるいはpN+)に対しては、EAUガイドラインにてプラチナ製剤を含む術後補助化学療法が推奨されており、そのエビデンスはPOUT試験2)の結果が基にな...