1. m3.comトップ
  2. Doctors LIFESTYLE
  3. 「ダサく見えてしまう」注文住宅の失敗事例9選

「ダサく見えてしまう」注文住宅の失敗事例9選

暮らし 2024年7月9日 (火)  Doctors LIFESTYLE編集部

注文住宅の間取りや機能性は重要ですが、そこばかり意識して外観に気を遣わないとダサくなることがあります。「InstagramやYouTubeのマネをしたけど、なんか違った」「足場を外したら、想定と違っていた」となっても、後から外観だけ直すわけにはいきません。家を建てる時、もしくは家を建てる前には、失敗するパターンを押さえておくことが大切です。外観と中の間取りの機能性の優先順位としては中が上ですが、それでもダサい外観にはしたくないですよね。外観の好みは人それぞれですので、今回はダサくならないための方法を紹介します。コストをかけずに、誰でもできるちょっとした調整や意識の差で外観は良くなります。ダサくなる失敗例を紹介するので、そのポイントを押さえた上で、中を充実させましょう。そこで、今回は以下を詳しく解説していきます。※この記事は、「施主目線の“ちょうどいい塩梅の家づくり”を目指して、勉強熱心な施主に役立つ情報・ツールをお届けする住まいのポータルサイト『BE ENOUGH』」を転載したものとなります。...