LIFESTYLE

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. Doctors LIFESTYLE
  3. 年100万円も差が?勤務医が絶対に知るべき節税術

年100万円も差が?勤務医が絶対に知るべき節税術

マネー 2019年8月7日 (水)  世古口俊介

一般には高所得として知られる医師ですが、特に勤務医や、院長でも雇われた立場の場合、高給になるほど所得税が重くなり、額面所得と、実際に手元に残るお金との差はどんどん広がります。
子供の養育費や居住費、学会参加費などの負担を考えると、なるべく負担を減らしたいと考えるのは当然でしょう。昔は子の養育費捻出のために開業…という先生もおられましたが、今は開業も多大なリスクを伴う時代。むしろ普通の勤務医でも、きちんと対策すれば、年に100万円以上も手元に残るお金が変わる可能性があるのです。勤務医の正しい税対策を、ウェルスパートナー代表の世古口さんと考えます。...