LIFESTYLE

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. Doctors LIFESTYLE
  3. 「勇気あるね」周囲が驚嘆、現役医師は安楽死をどう描いたか

「勇気あるね」周囲が驚嘆、現役医師は安楽死をどう描いたか

暮らし 2021年5月21日 (金)  松木 優子

救急医を辞めた62歳の女性医師が郷里に戻り、老老介護や終末期医療、積極的安楽死などに向き合っていく人気小説『いのちの停車場』(幻冬舎文庫)。吉永小百合さん主演で、2021年5月21日(金)に映画が公開されるとの朗報を受け、原作者で現役医師の南杏子先生にインタビューを実施。作品が生まれた背景や、在宅医療の現場に立つ医師としてのご意見を伺いました。...