ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 「現場感覚と大きな乖離」「内科系技術の十分な評価を」2022年改定公聴会

「現場感覚と大きな乖離」「内科系技術の十分な評価を」2022年改定公聴会

レポート 2022年1月21日 (金)  橋本佳子(m3.com編集長)

中医協(会長:小塩隆士・一橋大学経済研究所教授)は1月21日、2022年度診療報酬改定に向けてオンラインで公聴会を開催、京都九条病院理事長で、京都府医師会会長でもある松井道宣氏は、入院基本料の「重症度、医療・看護必要度」を見直す議論について、「患者の治療やケアに当たっている現場感覚と、大きな乖離がある」と問題視。特に心電図モニター管理を挙げ、評価対象からの削除は「我々にとっては理解しにくい」と指摘した。現状のコロナ禍での経営の厳しさにも触れつつ、「新型コロナウイルス感染症の対応に苦慮する中で、献身的に目の前の患者に寄り添い続けている医療従事者の努力をぜひとも正当に評価していただきたい」「今回の経験をきっかけにこれまでの医療費抑制政策が見直されることを望む」などと訴えた。...