ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 抗うつ薬・精神病薬も2剤まで、精神医療

抗うつ薬・精神病薬も2剤まで、精神医療

レポート 2016年2月13日 (土)  成相通子(m3.com編集部)

2016年度診療報酬改定で、精神医療では長期入院患者の退院支援や身体合併症患者の治療や受け入れの評価、薬物依存症や児童・思春期の外来の評価などを新設する一方で、多剤投与 の減算規定や長期の精神科デイ・ケアの要件を厳格化する。地域移行・地域生活支援を含む質の高い精神医療を評価するのが狙いだ(資料は厚生労働省のホームページ)。 多剤投与の減算規定は、抗うつ薬と抗精神病薬について、現行の4種類以上から3種類以上の投与に対象を拡大。多剤投与に関する地方厚生局への報告も3カ月に1回に増やす。1年以上の精神科デイ・ケア等は週4日以上の場合は特定の場合を除き算定できなくなる。 一方で、評価を手厚くしたのは、精神病棟における退院支援や地域移行の取り組み、身体合併症の治療体制や受け入れ体制など。また、薬物依存症の集団療法や専門的な児童・思春期精神科外来医療、自殺企図後の患者指導なども評価を新設する(『身体合併症の精神患者、受入で加算』を参照)。 【2016年度診療報酬改定◆精神医療の主要改定項目】 ◆抗精神病薬等の処方の適正化 抗精神病薬の多種類処方では、減算対象を拡大する。処方料(20点)、薬剤料(8...