ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 国立大病院、「病院長の権限強化」提言へ

国立大病院、「病院長の権限強化」提言へ

レポート 2016年3月17日 (木)  成相通子(m3.com編集)

厚生労働省の第2回「大学附属病院等のガバナンスに関する検討会」(座長:田中滋・慶應義塾大学名誉教授)が3月16日に開かれ、オブザーバーとして参加した千葉大学医学部附属病院長の山本修一氏が国立大学附属病院のガバナンス強化に向けた課題を説明し、国立大学附属病院長会議として、病院長の資質・能力の明文化や権限強化、病院長選考会議を設置するなどの提言を近日中に取りまとめることを明らかにした。 千葉大学医学部附属病院長の山本修一氏(左)と東京慈恵会医科大学名誉教授の森山寛氏(右) 山本氏は、国立大学病院の経営環境の厳しさや安全管理の責任が増す中で、今後の病院長には、「組織の運営に必要な経営力」と「生命・健康を預かる組織として、診療提供体制の管理、医療の質や安全性の確保に必要なマネジメント力」が必要だと指摘。その上で、(1)病院長に必要な資質・能力の明文化、(2)病院長の職務・権限の明確化、(3)病院長選考を複数候補者の下で実施、(4)病院長選考会議の設置――などを学長が定める内部規則に盛り込むことが必要だとする提言を国立大学附属病院長会議が国立大学協会と連携し、検討しているとした。 検討会では、同...