ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 「新専門医制、国民の信頼得る制度に」医学部長病院長会議

「新専門医制、国民の信頼得る制度に」医学部長病院長会議

レポート 2016年6月16日 (木)  橋本佳子(m3.com編集長)

全国医学部長病院長会議は6月16日の記者会見で、この5月に会長に就任した新井一氏(順天堂大学学長)は、新専門医制度と臨床研修制度への対応の二つを重点課題として挙げ、新専門医制度については「専門医の質の担保と地域の医師の偏在、この二つに留意しながら、国民の信頼を得る制度になるよう全面的に協力していく」との方針を示した。臨床研修制度については、ゼロベースで見直し、卒前、卒後の一貫性のあるシームレスな教育研修体制の構築に向け、厚生労働省や文部科学省に働きかけていくとした。 新井氏は、新専門医制度について、日本専門医機構がこの6月末で任期が切れる役員選考を進めていることに触れ、「本会議から2人の理事を新しい理事会に送ることになっている。理事会を介して我々の考えをしっかりと主張していく」と説明、新執行体制での検討を注視していくとした。厚労大臣の見解や日本医師会の要望などを挙げ、「その辺りを十分に踏まえながら対応していく」(新井氏、『新専門医制で18学会に釘刺す、日医と医学会』などを参照)。 さらに、個人的な意見と断りつつ、来年4月の専攻医の受け入れ開始を念頭に、「彼らに対する我々の責任があり、そ...