ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. フィジシャン・アシスタントの創設、日看協が評価

フィジシャン・アシスタントの創設、日看協が評価

レポート 2017年4月7日 (金)  橋本佳子(m3.com編集長)

日本看護協会は4月7日、厚生労働省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」の報告書の中で、医師から看護師へのタスク・シフティング、フィジシャン・アシスタントの創設などが打ち出された点について、「新たな医療における看護師への期待として前向きに受け止め、その実現に向け積極的に活動していく」との見解を公表した(資料は、日看協のホームページ)。 4月6日に公表された同検討会の報告書では、タスク・シフティングなどが今後取り組むべき施策として掲げられている(『医学部定員増に歯止め、「偏在対策、成果を出すラスト・チャンス」』を参照)。「高い生産性と付加価値」を生み出す観点から、それぞれの専門職がその専門性を発揮して担うべき業務に集中できる環境を作ることを目指し、「タスク・シフティング」「タスク・シェアリング」をこれまでのチーム医療を発展される形で有効活用すべきとし、その推進方策の1つとして「フィジシャン・アシスタントの創設等」が打ち出された。 そのほか同報告書では、看護師を、「多様かつ複雑な患者の医療・生活ニーズに対応し、多職種と連携して患者のケアを中心的に担うことなど...