ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 36%の医師が「医師を辞めたいと思った」こと「ある」◆Vol.13

36%の医師が「医師を辞めたいと思った」こと「ある」◆Vol.13

スペシャル企画 2018年5月4日 (金)  高橋直純(m3.com編集部)

Q これまでに医師を辞めたいと思ったことがありますか。 医師を辞めたいと思ったことがあるかでは、「ある」が36.2%、「ない」が63.8%だった。 女性は男性より「ある」が8ポイント高かった。 Q 具体的にどのような時に思ったのでしょうか。 ・当直が月に8回以上あったときに、夜中オペしても翌日もずっと勤務したり、寝られないこともしばしばあったとき。【45歳、民間病院】 ・老人の奴隷ですね、医者は。【46歳、民間病院】 ・助けられなかったとき、その理由が分からなかったとき。【46歳、診療所】 ・全く報われない医療を提供していると感じたとき。【35歳、民間病院】 ・クレームの多い患者が入院していたとき。【42歳、民間病院】 ・患者や家族の理不尽な要求があったり、その対応に疲れたとき。【47歳、公立病院】 ・面白みを失いかけたとき。【49歳、民間病院】 ・今も思っている。とにかく、「医師として生きている」が、「人間として生きていない」と、よく感じるから。【46歳、民間病院】 ・周産期医療を専門にしているが、母体もしくは胎児の予後が厳しい結果になったとき。【40歳、公立病院】 ・ブラックすぎる...