ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 「オンライン診療は補完、初診は認めず」今村日医副会長

「オンライン診療は補完、初診は認めず」今村日医副会長

レポート 2018年6月25日 (月)  橋本佳子(m3.com編集長)

日本医師会副会長の今村聡氏は、6月24日の第143回日医臨時代議員会で、2018年度診療報酬改定で新設されたオンライン診療料や厚生労働省が作成した「オンライン診療の適切な実施に関する指針」について、「今まで全くルールがない中で行われてきたオンライン診療について、まずは“見える化”して実態を把握する第一歩」であると説明。「オンライン診療はあくまで対面診療の補完であり、この大原則を今まで崩すことなく対応してきた。今後もその方針を変えるつもりは全くない」と強調した。 規制改革推進会議などが求める「初診でのオンライン診療」は認めず、オンライン服薬指導についても、「医師が診療の一環として行う服薬管理、服薬指導と同様に考えて、日医としても厳しく対応していくつもりだ」と語った。 日医副会長の今村聡氏 遠隔医療について代表質問したのは、新潟県代議員の小池哲雄氏。2018年度診療報酬改定で新設された「オンライン診療料」の施設基準は厳しいものの、「医師と患者が顔の見える関係を保つためには、おおむね必要な要件」と指摘。一方で、規制改革推進会議等で要件緩和やオンライン服薬指導を認めるべきとの意見がある現状を踏...