ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 医薬分業、メリットあるのは医師より薬剤師◆Vol.2

医薬分業、メリットあるのは医師より薬剤師◆Vol.2

医師調査 2018年7月31日 (火)  高橋直純(m3.com編集部)

Q 「医薬分業」についての考えをお聞きします。医師にとって、医薬分業の推進は? 本調査では「患者、保険財政」に加えて、医師、薬剤師の立場から見た、「医薬分業推進のメリット」についても尋ねた(患者、保険財政についての回答は、『医薬分業、患者にとっては「デメリット大きい?」◆Vol.1』を参照)。 「医師にとってのメリット」の有無については、「メリットが大きい」とする回答は医師、薬剤師とも20%弱だったが、「どちらかと言えばメリットが大きい」は医師の32.5%に対し、薬剤師は47.9%と差が開いた。「どちらかと言えばデメリットが大きい」「デメリットが大きい」の合計は医師で13.9%、薬剤師で5.0%で、医師の方が否定的に捉えている割合が多かった。 医師属性別 薬剤師属性別 医師、薬剤師それぞれで勤務先別に分析したところ、医師では大学病院医師で、薬剤師では薬局薬剤師で、「医師にとっての医薬分業のメリット」が大きいとする割合が最も多かった。 Q 「医薬分業」についての考えをお聞きします。薬剤師にとって、医薬分業の推進は? 「薬剤師にとってのメリットの有無」では、医師、薬剤師とも40%近くが「メ...