ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. ディオバン裁判、高裁は即日結審、11月に判決

ディオバン裁判、高裁は即日結審、11月に判決

レポート 2018年9月13日 (木)  高橋直純(m3.com編集部)

ノバルティスファーマ社の降圧剤(一般名バルサルタン:商品名ディオバン)を巡る京都府立医科大学での医師主導臨床試験の論文データ改ざん事件の控訴審が9月13日、東京高裁(芦澤政治裁判長)で開かれ、即日結審した。開廷時間は3分程度で、裁判所は事実関係については一審判決を踏襲し、学術論文を作成する行為が薬事法66条1項の虚偽広告に当たるかどうかを改めて判断すると見られる。 薬事法(現医薬品医療機器法)違反(虚偽広告)に問われた元社員、白橋伸雄被告とノバ社に対して、東京地裁は2017年3月16日の判決で、「論文作成においてイベントの水増し、恣意的な群分け、データの改ざんがあったが、学術論文を作成、投稿することは薬事法の規制対象には当たらず、罪に当たらない」として、無罪を言い渡した(『元社員、ノバ社ともに無罪、「改ざんあるも、罪に当たらず」地裁判決』を参照)。 関係者によると、二審初公判を前に、長らく書面のやり取りが行われていた。次回は11月19日で、判決が言い渡される予定。...