ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 6都府県の研修医割合、下げ止まり、2018年度マッチング最終

6都府県の研修医割合、下げ止まり、2018年度マッチング最終

レポート 2018年10月18日 (木)  水谷悠(m3.com編集部)

2019年4月からの初期臨床研修先を決める2018年度医師臨床研修マッチングの最終結果が10月18日に発表され、大都市部の6都府県(東京、神奈川、愛知、京都、大阪、福岡)の内定者数は3821人(2017年度3712人)で割合は41.5%となり、前年度から0.4ポイント増で、全体に占める比率が10年ぶりに増加した。大学病院の内定者数の割合は40.7%で、2017年度の41.4%から減少。9年連続減となり、過去最低を更新した。 大都市部以外の道県の内定者数は5381人(2017年度5311人)で、割合は58.5%で10年ぶりに微減。ただ、過去最大だった2017年度の58.9%に次ぐ過去2番目の水準で、大都市への集中を防ぐための募集定員の上限設定の効果は続いていると見られる。 2018年度の募集定員は1万1253人(2017年度1万1014人)、希望順位登録者数は9816人(同9726人)、内定者数は9202人(同9023人)、内定率は93.7%(同92.8%)。参加施設数は1025(研修プログラム数は1384)で、2017年度より3施設増加した。 募集定員に対するマッチ者の比率を示す「定員...