ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 「医師少数区域等で6~12カ月勤務」で医師認定、厚労省案

「医師少数区域等で6~12カ月勤務」で医師認定、厚労省案

レポート 2018年12月12日 (水)  橋本佳子(m3.com編集長)

厚生労働省は12月12日の「医療従事者の需給に関する検討会」の第25回医師需給分科会(座長:片峰茂・長崎大学前学長)で、医師偏在対策の一環として2020年度から導入する「医師少数区域等で勤務した医師を認定する制度」について、「認定に必要な経験」や「認定医師を一定の医療機関の管理者として評価」という2つの視点からたたき台を提案したが、さまざまな意見が出て継続審議となった(資料は、厚生労働省のホームページ)。 この認定医師制度は、今年の医療法・医師法改正に盛り込まれた医師確保対策の一つ。 (2018年12月12日の第25回医師需給分科会資料) 厚労省は、「認定に必要な経験」としては、患者への継続的な診療・保健指導、他の医療機関や介護・福祉事業者等との連携、健診などの地域保健活動という3つの業務に、6~12カ月従事することを挙げた。「認定医師を一定の医療機関の管理者として評価」の対象は、「地域医療支援病院のうち、医師派遣・環境整備機能を有する病院」が該当するとし、具体的要件は、同省の「特定機能病院及び地域医療支援病院のあり方に関する検討会」での議論を踏まえると提案。 (2018年12月12日...