ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 2020年度開始、1次登録で専門研修先決定は8299人

2020年度開始、1次登録で専門研修先決定は8299人

レポート 2019年12月23日 (月)  橋本佳子(m3.com編集長)

日本専門医機構理事長の寺本民生氏は12月23日の定例記者会見で、2020年度研修開始の専門研修について、1次登録で研修先が決まった医師は8299人に上ることを明らかにした。通常枠は8020人、連携プログラム枠218人、地域枠61人という内訳。基本領域別で最も多いのは内科で全体の32.9%を占める。外科は9.2%、総合診療2.3%など(『総合診療の専攻医、1次登録で191人、日本専門医機構が公表』を参照)。 2次登録は12月17日から始まっており、締め切りは2020年1月10日。既に386人が登録済み。寺本理事長によると、2019年度研修開始の登録時において希望通りに研修先が決まらなかったり、卒後3年目より上の年次の医師の応募があると言い、内訳は今後、精査する予定。なお、地域枠の医師数は、自治体から、地域枠卒の医師として義務年限等を果たすことへの合意がある医師として、厚生労働省に情報提供があった数。 2021年度研修開始のシーリング(地域、診療科別の専攻医の募集定員の上限)については、専門医養成に関する検討協議会で検討を進めていた。基本領域学会や地域関係者からのヒアリングなどを経て、一通...