ニュース・医療維新

ログイン 会員登録

  1. m3.comトップ
  2. 医療維新
  3. 中川氏「いざという時にはNOと言える強さ」、10都道府県医師会会長らと会見

中川氏「いざという時にはNOと言える強さ」、10都道府県医師会会長らと会見

レポート 2020年6月7日 (日)  橋本佳子(m3.com編集長)

6月27日に投開票される日本医師会会長選挙に出馬した、日医副会長の中川俊男氏は6月7日、東京都医師会会長の尾崎治夫氏をはじめ、中川氏を支援する10都道府県医師会、3市医師会の会長らとともに、都内で記者会見を開いた。 中川氏は、5期目を目指し出馬表明している現日医会長の横倉義武氏の「本流の後継者」として、政治家や官僚とのパイプを維持、さらに充実させていく方針。「官僚や政治家とは、時に今以上に近く、時には今よりも距離を置き、適切な距離感を模索していきたい。是々非々で付き合い、いざという時には、NOと言える強さを持つ」と決意を新たにした。 日医会長選挙に出馬する中川俊男氏。 キャビネット(副会長・常任理事の推薦候補)については、「誰がこれからの日医にとっていい人材なのか、かつ今のやり方ができなくなることを避けるために、現職の役員も取り入れながら考えていく。そんなに遠くはない時期に公表する予定」と説明。横倉氏がキャビネット構想を固めたとの報道もある中、両陣営の重複もあり得るとした。 尾崎氏は、東京は今、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の「東京アラート」が発出中であり、「選挙は避けな...